カートをみる マイページへログイン お支払について お問い合せ サイトマップ
RSS

ダイヤの4C

ダイヤモンドの評価基準は『4C』と呼ばれているもので
『カラット』 『カラー』 『クラリティー』 『カット』の頭文字をとったものです。
それが総合的に考慮され、明確にダイヤの価値が決定します。

  

カラット: ダイヤモンドの重さの単位

1カラット(1ct)は0,2グラムです。
『カラット』はその他のすべての宝石に使用しています。


カラー: ダイヤモンドの色の程度

ダイヤモンドは無色透明が良いものとされますが
そういう良質のダイヤモンドが産出される割合はかなり低いのです。
実際に産出されるのは黄色味を帯びたダイヤが大半なのです。
この色味の度合いによって『D』から『Z』までにランク分けされます。

ちなみに、『イエローダイヤモンド』は別に分類され
黄ばんだ、安いダイヤとは違い、商品価値のあるものです。

クラリティ: ダイヤモンドの透明度

ダイヤモンドの『透明度』のことですが、本来は内包物やキズの状態の事です。
不純物の無いダイヤモンドはほとんどございませんが
専門家が見てもほとんど分からないものから
素人の方が見ても分かるものまでランク付けされています。

●FL・IF       内包物なし

●VVS1・VVS2   ごくごくわずかな内包物

●VS1・VS2     ごくわずかな内包物

●SI1・SI2      わずかな内包物

●I1・I2・I3      肉眼でも発見できる内包物

カット: ダイヤモンドのプロポーション

カットの評価は、カットされた形と研磨状態で決定されます。
ダイヤモンドのカットの種類は
『ラウンドブリリアント』 『オーバル』 『マーキーズ』
『プリンセス』 『ペアシェイプ』 『ハート』 『エメラルド』
という、カットがありますが、
鑑定書の対象は『ラウンドブリリアントカット』のみです。
カットのランクは下記の通りです。